伝えたい風景

豊葦遊森の郷 詳しく見る

ブナやミズナラなどの豊かな森に囲まれ、森林浴にぴったりの場所です

斑尾高原沼の原湿原(原生花園) 詳しく見る

標高870m、約19haの大湿原

市民ふれあいの森(ブナ林) 詳しく見る

平丸地区の東部、仏ヶ峰(1,140m)の南西斜面一帯に広がっており、樹高20m級のブナが密生する総面積約73haの美しいブナ林

ドイツトウヒの森 詳しく見る

笹ヶ峰高原には広大なドイツトウヒ(マツ科)の森があります

いもり池 詳しく見る

妙高高原池の平の標高750mにある面積1.4ha、深さ2mの池です

白岩の滝 詳しく見る

平丸地区の入口のトンネルを抜けると見える、垂直にそそり立つ白い崖を、地元では「白岩」と呼んでいます

不動滝 詳しく見る

関温泉街にほど近い渓谷にあり、昔は妙高山系で最も大きな滝で、別名大滝とも呼ばれています

苗名滝(日本の滝百選) 詳しく見る

新潟県と長野県の県境。巨岩が重なり合う関川の本流にかかる落差55mの滝で、柱状節理をもつ玄武岩の断層から落ち込む様は豪快です

惣滝(日本の滝百選) 詳しく見る

燕温泉にある惣滝は、燕溶岩と呼ばれる切り立った岩壁を流れ落ちる勇壮な滝です

幻の大滝 詳しく見る

上小沢羽山地区の奥にある、落差40mの滝です

よもしろうの滝 詳しく見る

林道南葉山線の途中にあり、与茂四郎(よもしろう)さんの純愛伝説が滝の名の由来になっています

火打山(日本百名山) 詳しく見る

標高2,462m。妙高山同様、焼山とともに頸城三山の一つであり最高峰でもあります

妙高山(日本百名山) 詳しく見る

標高2,454m。妙高山は、火打山、焼山とともに頸城三山の一つ