体験学習が子どもの行動に変化を与える2つの理由──妙高の農家民泊と地域交流

子どもたちの教育に熱心な先生方ほど、子どもたちに「教室では得られない体験学習をさせてあげたい」と思っていらっしゃるのではないでしょうか。教育には、教室で知識を学ぶ方法もあります。一方で、実体験から学ぶ経験学習も非常に大切です。

しかし、教育に熱心な先生方であればあるほど、日常の忙しさに、そういった企画が難しいとお感じではありませんか? 体験学習に対する想いはあっても、縁もゆかりもない地域の情報を調べ、本当に効果があるのかを検証し、そのための下調べをして、自分で手配まで行うのは、容易なことではありません。

妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会では、忙しい先生方に変わって、教育体験旅行や体験学習ツアーの企画、地域側のコーディネートを行っています。小・中・高校、大学など、生徒・学生のみなさんを中心に、農業や野外活動など妙高市内における「地域ならでは」の体験や、農泊・民泊といった形での地域交流を通じて、子どもたちに学びの機会を提供しています。

2022年2月19日(土)~20日(日)にかけて、雪国体験・農家民宿ツアーを開催しました。今回参加いただいたのは、小・中学生の計4名です。

この記事は、そのレポートです。

妙高の体験学習で子どもたちが自発的に変化する2つの理由

まず、妙高の体験が、子どもたちの教育にどんなメリットがあるのか、なぜ、変化するのかについてお話します。

妙高市は、自然がとても豊かな地域です。ご来訪いただくと、子どもたちは教室では学ぶことができない、非日常体験をすることになります。そして、深い気づきや学びを得ることになります。

なぜ、深い気づきや学びを得ることができるのか? その理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、自然や教育に精通した「専門家の関わり」です。妙高市には、体験学習を通じて子どもたちの自立を促進する教育施設「国立妙高青少年自然の家」をはじめ、学校やさまざまな教育団体の受け入れ経験豊富で、専門的な知識を有した人や団体が数多く存在しています。森林や火山など、妙高の自然環境を生かした体験学習プログラムは、これらの専門家と協力しながらつくっています。

もう1つは、「地域住民との交流」です。妙高市は、多い時には3メートルほどの雪が積もる豪雪地帯です。妙高山がもたらす雪の恵みは、スキーをはじめとした観光資源です。一方、雪国のくらしや農業は、必ずしも快適なことばかりではありません。ときには、厳しい環境にさらされることもあります。その中で生活するためには、地域住民同士の協力やさまざまな知恵が欠かせません。農家民泊によって、地域住民と同じ時間を過ごす。そして、話を聞く。そこから、子どもたちはさまざまな気づきや発見を得ることができます。また、集団で宿泊することは、人間関係づくりにもなります。

このように、「専門家の関わり」と「地域住民との交流」を通じて、子どもたちは教室では得ることのできない「深い学び」を経験するのです。

体験学習により、子どもたちに起こる自発的な行動の変化

妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会では、教育体験旅行をはじめ、これまで1万人以上、多くの学校や子どもたちを受け入れてきました。そして、数日の体験学習でも、初日と最終日では子どもたちの顔つきが変わる姿をたくさん見てきました。

また、学校の先生や親御さんからは、「家では全然話をしなかった子が、話をたくさんするようになった」「いままで、手伝いをしなかった子が、手伝いをするようになった」のように「行動が変化した」という声を伺っています。

なぜ、短期間でも子どもたちの行動が変わるのか。私たちの意見では、次のようなことがその理由ではないかと考えています。

  • 「家族ではない」が「家族のような場」に宿泊するため、「手伝いをしなくてはいけない」「自分のことは自分で」という気持ちが芽生える
  • 家庭から離れることで、今までしてもらっていた「当たり前」が、「当たり前ではなかった」ことに気づく
  • 家族の場合、声に出さなくても「気持ちを汲んでもらえる」が、声を発しないと届かない環境に入ることで、「自分から伝える」ことの大切さを知る
  • 都市部では核家族が主体だが、地方では「お互いに協力する」文化が残っている(協力しないと生活できない)ため、助け合いや思いやりの大切さに気づく
  • 大変なことでも、みんなでやると楽しいことが分かる

そこにあるのは、理屈を言葉で伝える「知識」ではありません。農業や雪国という、豊かさをもたらしながら、厳しくもある環境の中で、近隣住民と助け合い、思いやり、工夫しながら暮らしてきた生活の「知恵」です。やさしさやあたたかさが人柄に滲み出る地域住民との貴重な体験学習によって、子どもたちの心が揺さぶられる姿を、多くの先生方、親御さんが実感されています。

妙高 雪国体験 学習ツアーの工程

今回は、次のような工程でツアーを実施しました。

■1日目
11:30 国立妙高青少年自然の家
11:35 オリエンテーション
12:00 昼食(バイキング)
13:00 雪遊び体験、雪の学習
15:45 農家民宿へ
16:30 農家民宿着。ごあいさつ
16:50 夕食づくり、入浴、受け入れ家庭での懇談
21:00 就寝準備

■2日目
7:00 起床
   受け入れ家庭にて朝食の準備、朝食、布団の片付けなど
9:00 スゲ細工
11:00 農業体験
11:30 昼食
12:00 振り返り
13:00 プログラム終了

ここからは、写真とともに、その模様をご紹介しましょう。

ツアーの模様

1日目 13:00~ 国立妙高青少年自然の家でスノーシュー

雪国ならではのスノーシューを体験するのは、国立妙高青少年自然の家。当日は4メートル近い積雪がありました。
ガイドをしてくださるスタッフさんにご挨拶。
スノーシューは、雪の上を歩くための道具です。深い雪でも足が埋まりません。
さぁ、未知の世界に出発です!
スノーシューでは、まだ誰も足を踏み入れていない新雪の上を歩きます。
「子どもたちが普段体験できない、野外活動・集団活動を通じて、子どもたちが自分でやり遂げる力を育みたいと思っています。」とは、国立妙高青少年自然の家の志賀さん。
普通に歩いているだけでは決して気づくことのない、動物の冬のくらしや植物の生態系といった情報を提供してくださるのは専門家ならでは。ちなみに、子どもたちの視線の先にあるのは「うさぎの巣穴」だそうです。

16:30~ 農家民宿に到着

スノーシューのあとは、宿泊先である農家民宿に向かいます。
今回お世話になるのは、妙高市矢代地区にある農家民宿「みはらし」さん。
宿を営んでいる清水泰男さん、登貴子さんご夫婦です。

16:50~ 夕食(笹ずし)づくり

笹ずしは、春の農作業後やお祝いの時につくる妙高の郷土料理。「笹の上に酢飯をのせて、その上に具材をのせて……」登貴子さんからつくり方を教わります。酢飯は少し押すのがポイントだとか。
みんなで協力しながらつくりました。具材は姫竹(ひめたけ)、サバ、錦糸卵など。自然と、妙高の食文化などの話にもなります。そのほか、登貴子さんが唐揚げやエビの天ぷらなどを揚げてくださいました。
手を合わせて「いただきます!」
「おじさんが子どものころは、農耕に牛をつかっていたんだよね」「60年で世の中は進歩したと思うけれど、昔のほうがみんなで助け合わないといけないという精神が強かったと思うよね。今はそれが薄れたかな」「でも、いまも『隣の家、電気ついているかな』と見守り合ったり、助け合ったり。雪国にはまだ残っているかな」──教科書では知ることのない話が、子どもたちの気づきや学びのきっかけに。
食事のあとは「雪灯篭」を眺めます。きれいです。この後は部屋に戻り、泰男さんから雪国のくらしなどを伺いました。「隣近所、それぞれの雪の様子をお互いに気にしながら生活している」というお話が印象的でした。

2日目 9:00~ スゲ細工

2日目は、朝食後、妙高の伝統工芸「スゲ細工」で「春駒」をつくりました。
登貴子さんがやさしく、ていねいに教えてくれます。
春駒の完成です。精悍な雰囲気です。
春駒づくりのあとは、おやつに郷土料理「ちまき」を食べました。

11:00 農業体験

矢代地区で野菜を生産しているビニールハウスに伺いました。豪雪地域でもビニールハウスで野菜がつくれることを、初めて知りました。
ビニールハウスに入ります。
ビニールハウスでは「オータムポエム」というアスパラ菜を栽培しているそうです。

泰男さんから、冬の野菜づくりについて教わります。「燃料費などを考えると、なかなか難しい」という実際のお話が印象的でした。

となりのビニールハウスでは、地域のおかあさん方が秋に収穫した里芋の出荷作業をしていました。
里芋の洗浄・選別を体験しました。機械の緑色の箱で里芋をきれいにし、赤色の筒状のものが回転して、里芋の大きさごとに分別されます。

参加した子どもたちと関係者の声

今回参加した、中学生の声です。「とにかく、楽しかったです。スノーシューとか、スゲ細工とか、笹ずしとかは、普段、経験できないので」「雪に残っている動物の足跡とか、写真では知っていたけれど、ネットで見たのとは全然違いました」「里芋は、あれだけ手間がかかっていることを初めて知りました。もっと楽にするか、人件費を上げるか。野菜の値段をあげるか。ちゃんと工夫をしないと農家さんが報われないと思いました」「清水さんがとても親切で、場を楽しくしようとする気持ちが伝わってきてうれしかったです。今ある価値をこれからも受けついていかないといけないと思いました」
今回参加した小学生高学年の女の子の声です。「雪が多くてすごいなと思いました。スノーシューは重そうだけど、結構軽くてびっくりしました。誰も踏んでいない雪の上を歩くと雪が結構沈むので、思っていたより歩くのが大変でした」「スゲ細工は、結んだりするのは難しいけれど完成するとうれしかった」「里芋は、売っているのは見たことがあるけれど、選別とか、手間がかかっているなと思いました。これから里芋を食べるときは『この1個も、ちゃんと手間がかかってつくられているんだな』と思うと思います」
今回、ご対応いただいた清水さんは、次のようにおっしゃっています。「滞在中は食事を一緒につくったり、季節ごとの農業体験をしたりしています。いろんな体験を作ってやろうとしなくても、子どもたちが自分で見つけて楽しんでいる。それが価値だと思っています。来た時と分かれる時では表情が全然違うんですよ。別れを惜しんで涙を流す子どももいます。また、子どもの年代に合わせて、農業や豪雪地域のこと、高齢化などの問題について、理解できるように話をしています。さまざま課題を考える機会になっているようです」

おわりに

今回の農家民泊ツアーでは、子どもたちが「妙高ならでは」「地域ならでは」の体験を通じて、教室では学ぶことができない学びについて体験していただきました。

子どもたちが、「知識」ではなく、地域内での体験や、地域の方々との交流を通じて得た「知恵」を、これからの生活に生かしていただけたらいいなと思っています。子どもたちの成長を実感できる場をご一緒することが、私たちのよろこびです。

ふるさと体験妙高 企業版

妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会では、地域ならではの自然や伝統・文化、この地域で生活する人々など、あらゆるものを学びの資源とし、さまざまなプログラムを提供しています。

特に、農泊・民泊といった形での地域交流は、生きて活動することの意味を考え、深める機会となり、普段の生活では味わえない深い交流が得られる体験です。

これまでの教育体験旅行に限らず、企業にとっても価値のあるものとして、地域資源を活用し、目的に応じたプログラムをコーディネートすることができます。

プログラム例

ご参考までに、実際の事例を3つご紹介いたします。

事例1.農泊×親子ワーケーション

子ども達は専門のスタッフとともに自然体験学習を楽しみ、親は仕事に集中できる、春休みや夏休み、冬休みといった長期のお休みを利用して、ワーケーションをする内容です。

行程の例はこちらをご覧ください。

事例2.農泊×妙高ウィンタースクール

学習塾やクラブ、サークルのイベント活動等にご利用いただける内容です。専門家と一緒に雪を活用した体験と妙高の生活体験をあわせて企画ができます。

行程の例はこちらをご覧ください。

事例3.農泊×農業研修

農業を通じて感謝と生きる喜びを学び、農家民宿での生活を通して人と向き合う心を学ぶ、1週間のプログラムです。

行程の例はこちらご覧ください。

お問い合わせ

その他、地域資源を活用したさまざまなプログラムをご用意いたしております。企業様の活動に応じて、コーディネートいたします。詳しくは、こちらのメールフォームより、お気軽にお問い合わせください。

妙高市 第2回SDGsこどもオンライン学習会の開催

概要

SDGsについて理解を深めるため、妙高市と全国をオンライン(Zoom)でつなぎ、SDGs12番目のテーマである「つくる責任、つかう責任」についてワークショップやグループディスカッションを通じて、SDGsを「自分ごと化」することを目的に小学4~6年生及び中学生を対象とした学習会を開催します。

日時

令和4年2月26日土曜日9時00分~12時00分

<詳しくはコチラ>

妙高市HP:https://www.city.myoko.niigata.jp/docs/6698.html

内容

妙高市と全国の子どもたちがオンライン上でつながり、「ゼロ・ウェイスト宣言」を発表した徳島県上勝町の大塚桃奈さんから講演をしていただき、新居慧香さんから上勝町のごみ問題にまつわる施設案内のほか「アクションカード」をつかったゲームを行い、自分たちにできること「マイアクション」を考えるグループディスカッションなどを行います。

申込

下記のチラシ(pdf)の裏面にある確認事項をご確認いただいた上で、こちらのリンク先からお申し込みいただくか、下記問い合わせ先にてお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/1YobiO4UNcd9Z25scsHEZPAuqPHbVqvvbW87WBny-2qk/edit

※申し込みは先着順としておりますので定員に達した場合、申し込みを締め切らせていただきますのでご了承下さい。

※いただいたご住所に、当日の学習会で使う「アクションカード」などの教材を郵送させていただきます。

※ご提供いただいた個人情報は、当学習会以外で使用することはありません。

参加申し込み期限:令和4年2月18日金曜日

第2回-妙高SDGsこども学習体験会チラシ【冬】.pdf (PDF 1.44MB

「妙高探究学習プログラム指導員研修会」のご案内

SDGsをテーマとした探究学習プログラムの指導員を養成する講習会を開催いたします。

令和4年度以降、修学旅行誘致を目的として妙高探究学習プログラムを現在開発しております。このプログラムは地域資源や課題を題材として、中学生、高校生に探究学習に取り組んでもらう事をプログラム化したもので、新規事業になります。

そのため、まだ内容も確立されておらず現在開発中のものになる為指導員研修も当初はトライアルの要素が大きいです。

【参加者の要件】

 案内や体験指導に興味のある方であればどなたでも参加可能です。ただし、受講者は令和4年度以降に妙高を訪れる修学旅行生の受入れに協力できることが条件です。

【研修の内容】

初級編→SDGsとは何か、探究学習とは何か 

中級編→妙高探究学習プログラムについて

基本は初級編を受講後に中級編を受講下さい。

【研修の日程】

初級編 10月18日(月)13:00~15:00

初級編 10月26日(火)13:00~15:00

中級編 10月26日(火)15:00~17:00

中級編 11月8日(月)13:00~15:00

詳しくはこちら

探究学習プログラム指導員研修会案内

探究学習プログラム指導員研修会申込書

(お問合せ)

(一社)妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会

TEL 0255-82-3935

メール info@myoko-gt.com

オンラインイベントのお知らせ

地方を元気にするワーケーションフォーラム in 妙高

(一社)日本ワーケーション協会が主催し、妙高市が共催する「第2回地方を元気にするワーケーションフォーラムin妙高」をオンラインで開催いたします。

【イベント詳細】

開催日時:2021年4月16日(金)13:30~15:30(オンライン開催)
主催:一般社団法人日本ワーケーション協会
共催:妙高市
後援:新潟県、ワーケーション自治体協議会、妙高ツーリズムマネジメント、妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会、新井商工会議所、妙高商工会、妙高高原商工会、妙高青年会議所
協力:ロッテアライリゾート、株式会社サヴィーコレクティブ、PerkUP株式会社
参加費:無料

イベントの詳しい内容や参加方法などはこちらをご覧ください。↓

https://myoko-workcation.peatix.com/

ハートランド妙高 菜の花畑終了のご連絡

ハートランド妙高の菜の花畑は、昨年(令和2年)の春をもって最後とし、今年の春は咲きません。

この花畑プロジェクトの目的は「耕作放棄地の解消」です。
このたび、花畑化した農地が新たな耕作者に引き取られ、農地として利用されることとなったため、花畑とするには面積がとても小さくなり、花畑としての魅力が薄まったことから、その役目を終えることとしました。

これまで、ご見学にお越しいただいた皆様、募金をいただいた皆様、応援していただいた皆様に、心からの御礼を申し上げます。

まだ、一部条件の良くない耕作地は残っておりますが、(一社)妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会が責任を持って管理します。

【お問い合わせ先】
ハートランド妙高 新潟県妙高市大字関山6486-1
TEL.0255-82-3935

妙高教育旅行 ~エール割キャンペーン~

コロナ禍で、頑張っている生徒の皆様へ、妙高からエールを込めてお米1㎏をプレゼントさせていただきました。
今回はお越しいただくことができませんでしたが、「妙高にいってみたいな~」なんてお話しながらご家族でお召し上がりいただけますと幸いです。

「よし妙高へ行ってみよう!」と思っていただいたときにご利用いただける「エール割キャンペーン」として、下記内容にてご宿泊の予約を承ります。
【内容】
〇ご宿泊料金10%割引
今ならGOTOトラベルキャンペーンもあわせて使うとかなりお得にご宿泊いただけます♬

【対象宿】
 ★杉野沢地区★        ★赤倉地区★       
 ・サンヴィレッジまちだ      ・プチホテルデ・ゾービーブ
 ・アルファイン秀雲荘       ・ペンション山ぶどう
 ・ペンションフォークロア      ・ロッヂモンテローザ
 ・居酒屋民宿富士美荘      ・ウッディーハウス風見鶏
 ・やまいち荘
 ・ロッジ杉ノ原

さらに…お米の袋に記載されているエール割キャンペーン「合言葉」は、ご家族だけでなくご親戚やご友人、ご近所さんもお使いいただけます。♪ぜひ、エール割キャンペーン「合言葉」を教えてあげてください!

【お申込み先】
(一社)妙高市グリーン・ツーリズム推進協議会
電 話 0255-82-3935
メール info@myoko-gt.com

【お申込み方法】
お電話の場合 お名前、ご住所、ご旅行日時、宿泊人数、性別、年齢、エール割キャンペーン「合言葉」、ご希望宿泊施設をお伝えください。
※宿泊施設に直接お申込みいただいても割引は適用になりません。当協議会にお申込み下さい。

メールの場合  お名前、ご住所、ご旅行日時、宿泊人数、性別、年齢、エール割キャンペーン「合言葉」、ご希望宿泊施設を記載してお送りください。

【お願い】
・時期や状況によってご希望宿泊先にお泊りいただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

クラインガルテン妙高短期利用制度実施中!(最長1ヵ月)

クラインガルテン妙高(滞在型市民農園)では、通常1年間を最低単位として貸し出しをしておりましたが、このほど1回あたり1ヶ月という短期での貸し出しが可能となりました。

お値段は1ヶ月25,400円(税込)ととってもお得です!(光熱水費実費分、補償金は別途)
ただし、月をまたいでの利用ができない事や、同一人の利用は1年に1回などの制約もありますが、いきなり1年は難しいけど、とりあえず利用してみたいという人や、ひと夏妙高でテレワーク!など一時的な滞在が必要な人にベストマッチ。
【お問い合わせ】
TEL.0255-82ー3935(ハートランド妙高)
#ワーケーション #テレワーク #農業体験 #クラインガルテン #体験農園 #田舎暮らし